「劇団11」のオフィシャルブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅ればせながら、ありがとうございました。

ご無沙汰しております。中西です。
大変遅ればせながら、9月2日3日に開催いたしました、
#005短編祭、無事に終演いたしました。
そして9月11日に#006『pianissimo』公開いたしました。

本来であればもう少し早くご挨拶をすべきだとは思うのですが、
オフィシャルグッズにて販売した公演DVDの完成・発送を終えて、
HP等の更新を終えて、クォータースターコンテストの参加を終えて、
と、諸々のことを終えないとどうにも書けないと思ってしまい、
ズルズルと1ヶ月経ってしまった次第でございます。

作品のこととか、活動休止についてはもうパンフや戯曲集で、
たくさん書きましたので、今回は終わってからの話を書きます。

全ステージが終演して、パーティーを今回行ったんですけれども、
勿論キャプテンなので挨拶とか色んな方とお話させていただくことができ、
ただその中で、ほんの一瞬1人の時間があったんですね、一瞬。
その時に、周りの皆さん、座組の方々や観に来てくださった方々、
パーティーだけでもと来て下さった方々、その場にいる全員が、
楽しそうに笑って過ごしている空間がそこにあって、
それを見た時に、「あー今すごく幸せだな」って思いました。
そうだそうだ、これだって、思いました。本当に良かったなと思いました。

自分の人生で、高校演劇の全国大会で最優秀賞を取った時に部長をやっていた、
あの頃が人生の中で一番しんどかった時期だなとずっと思っていて、
それは大学在学中も卒業してからも、正直変わらなかったんです。
ただ今回「#005、#006が人生で一番しんどかったな」とふと思えたんですね。
その時に、「あ、良かったな」って思ったんです。
しんどいのが良かったなんて変な話かもしれませんが、
でもちゃんと自分はこれで前に進めたんだなって思えたんですね。

色んな方に今までお会いして、協力していただいて、観ていただいて、
数年ぶりにお会いできたり、また観たいと思って下さっていた方がいらしたり、
勿論すべての方にお届けできた訳ではないのは百も承知ですが、
それでも今回やって良かったなって思えるのは、そういう一人一人の方に
巡り合えたこと、恵まれたことがすべてだなと思います。

だから、#005短編祭も#006pianissimoも本当にやって良かったなと思います。
いつかやりたかった無言劇に初挑戦した映像作品も公開しておりますので、



是非こちらもご覧いただけましたら幸いです。
コンテストの結果が出たり、何か報告することがあったり、
たぶん年内はもうちょっとブログ等更新するかと思いますので、
もうちょっとだけ、お付き合い願えますと幸いです。

ですがひとまずこれにて活動休止です。
これまで劇団11に関わって下さったすべての方に御礼申し上げます。
本当に今までありがとうございました。

劇団11 キャプテン 中西 崇将

スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団11 #005 短編祭
公演終了までこちらの記事がトップに表示されます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

劇団11 #005 短編祭

『宴-始発待つ東京、ホームの内側-』(新作)
『紙風船』 (#003再演 脚本:岸田 國士)
『僕とキミの自転車周遊記』 (#004再演)

#005omote

出演 中西 崇将、依田 玲奈

脚本・演出 中西 崇将
舞台監督 小坂 優(実験劇場)
演出助手 浅葉 爽香
照明 宮下 早希
制作 手塚 優
撮影 一澤 洋平


◆日程◆
2017年9月2~3日 全4ステージ&パーティー!

2日(土) 15:00 / 19:00
3日(日) 12:00 / 16:00 / ☆19:30☆

受付・開場は開演の30分前です。
本公演は短編3作品の連続上演を行います。
上演時間は約100分です。

(劇団活動休止に伴い、3日の千秋楽終了後19:30よりパーティーを開催いたします!
本公演をご観劇いただいたお客様は無料でご参加いただけます!是非皆様奮って
ご参加下さい!なお、パーティーのみの参加のお客様は別途500円頂戴いたします。)



◆会場◆
SOOO dramatic!
〒110-0004 東京都台東区下谷1-11-15
東京メトロ日比谷線「入谷駅」1番・2番出口から徒歩1分
JR山手線「鶯谷駅」南口から徒歩6分、「上野駅」入谷口から徒歩12分


◆料金◆
当日精算 3,800円  事前精算(振込) 3,300円
(全席自由席・1ドリンク付き)


◆割引◆
①学生割:学生証のご提示 200円引き
②たくさん割:複数人数でご予約・ご来場 200円引き
③宣伝割:#劇団11をつけて各種SNSにて宣伝し受付提示 200円引き
④リピーター割:本公演のチケット半券ご提示 1,100円
⑤11割:11名様でご予約 33,000円(各回1組限り・事前精算のみ)

※割引は⑤を除き当日精算のみ有効です。他の割引との併用は出来ません。


◆チケット◆
https://www.quartet-online.net/ticket/gekidan-eleven-005

◆お問い合わせ◆
HP https://gekidan11.wixsite.com/official
MAIL gekidan11@gmail.com
TWITTER @gekidan11

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

最後までお読みいただきありがとうございました!
皆様のご来場を心よりお待ちしております!


劇団11

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

8月30日 キャスト紹介 依田玲奈
こんばんは!本日いよいよこの方、依田玲奈さん。

中西以外唯一のキャストです。二人芝居なので当たり前ですが。笑
今日も超絶怒涛の稽古を行いまして、
二人とも満身創痍って感じです。
動画含めて4作品、ガシガシ作ってますので、
劇場でお会いしたいです。依田さんからのコメントはこちら↓↓↓

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

劇団11ブログをご覧の皆様、おはようございます。
初めまして、または、ご無沙汰しております。
#003『紙風船』、#004『僕とキミの自転車周遊記』に引き続き、#005 短編祭に参戦致します、依田玲奈です。

気づけば前回の僕チャリから、ちょうど3年の月日が流れました。
大学後期、それはそれは密な時間を過ごした劇団11の活動休止公演に参加することになるのは、なんだか感慨深さを超えた、驚きだったり、懐かしさだったり、いろいろなものを感じます。


今回は二人芝居三本、全てを中西くんとわたしが演じます。
本当に祭のような、大騒ぎの公演です。稽古場では静かに、心の中で叫び続けています。そう、悲鳴です。笑
このせわしさ、盛り沢山な感じ、ああ、劇団11だなあと思います。


今まで最後最後と言いつつ、僕チャリがあって、地方公演での紙風船再演があって、今回がありますが、今回こそは本当に、二人でやるのは最後になるのだろうなと感じています。
劇団11を今まで応援して下さった皆様、これが最後です。全身全霊で向かいますので、どうか、最後を見届けてください。

と言いつつ、いつもと変わらず、それぞれの世界にその場で触れて、作るのみだと思いますので、今回初めてご覧頂く方にも、良い休日を過ごして頂けますよう、座組一同、最後まで尽力致します。
どうか、この1日が素敵な出逢いとなりますように。
SOOO dramatic!にて、お待ちしております!



【依田玲奈 今後の予定】

(出演)

2017年9月27日(水)〜10月1日(日)
kazakami 存在と証明0 『変な子ちゃん』
脚本・演出 木村恵美子
於 スタジオ空洞

ご予約
https://www.quartet-online.net/ticket/hennakochan?m=0gbgcbi

詳細・近況はこちら▽
Twitter @yodaclo_24
Instagram @reina_yoda
「おはよだぶろぐ」
http://ameblo.jp/renka-51

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆劇団11 #005 短編祭◆
『宴-始発待つ東京、ホームの内側-』
『紙風船』 (脚本:岸田 國士)
『僕とキミの自転車周遊記』
2017年9月2日(土)~3日(日)
於 SOOO dramatic!

◆劇団11 #006 『pianissimo』◆
2017年9月11日(月)公開!

◆短編祭のご予約はこちら◆
https://www.quartet-online.net/ticket/gekidan-eleven-005

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

会場【SOOO dramatic!】までの道案内
こんにちは、劇団11です。
本日は会場までの道のりをブログにてお知らせします。
上野駅からも行けなくはないですが、なかなか距離があるので、
今回は鶯谷駅と入谷駅のみのご紹介です。ご了承下さい。
できるだけわかりやすく、書けたら良いな!がんばります!


【鶯谷駅より】
①スタートはJR鶯谷駅、出口は南口からお願いします。
道案内1

②出口を出るとこのような光景が広がっています。
奥にスカイツリーが見えますね。ここを左に曲がって下さい。
道案内3

③緑のフェンスの歩道橋を直進して下さい。
道案内2

④T字路に出るのでこちらを右に曲がって下さい。
曲がるとスカイツリーが見えますか?そっちです。
道案内4

⑤正面にスカイツリーを見ながら直進です。
村さ来さんが見えますね。そのまま進んで下さい。
道案内5

⑥歩道橋まで来たらそのまま進まないで、
その手前を右に曲がって下さい。
道案内6

⑦この通りを真っ直ぐ進むとSOOO dramatic!があります。
オレンジの看板が目印です!
道案内7

⑧ここです!急に写真雨降ってますけど気にしないで下さい!
道案内9

【入谷駅より】
東京メトロ日比谷線入谷駅をご利用のお客様は2番出口より出て下さい。
サンクスさん、銀だこさんを右手に眺めながらそのまま交差点まで来ると、
横断歩道を渡った先に⑥の歩道橋があるので、路地を覗くとオレンジ看板が見えると思います。

道案内8

当日会場ではドリンクのプレゼントがございます。
お時間に余裕をもっていらしていただけますと幸いです。
皆様のご来場、心よりお待ちいたしております。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

8月29日 スタッフ紹介 宮下早希
こんばんは!スタッフさんの紹介、本日も照明さん。宮下早希さん。

今は社会人でお仕事をされているのですが、
今回無理を言ってどうしてもということでお願いいたしました。
高橋くんの良きアドバイザーとしてもご活躍いただいております。
残念ながら劇場に常駐ができないのでとても残念なのですが、
とっても素敵なご挨拶をいただきました。泣けます。どうぞ↓↓↓

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

初めまして。
宮下早希と申します。

今回、中西さんに声を掛けて頂き、照明スタッフとして短編祭に参加することとなりました。
どうぞ宜しくお願い致します。

普段は、とある企業で会社員として働いております。
演劇の現場に携わるのは、約3年振りになります。
改めて言葉にすると、3年って、長いですね。
稽古場に顔を出したり、今回使用させて頂く会場を見学に行ったり、久々に舞台を作り上げていく過程に参加することができ、わくわくしています。

大学を卒業して、働くようになって、昔の友達とたまに会って、今自分達が置かれている状況や、将来のことについて話すようになって。
同じ場所にいて、同じ景色を見ていた人達が、それぞれの人生を歩んで行っている様は、いつみても不思議で、ほんの少しだけ寂しくなります。

中西さんが作り出す物語は、これから変化の中に飛び込んでいこうとしている人や、私のように新しい環境の中に身を置いて時間が経った人など、様々な人の心にじんわりと効いていくものだと思います。
時間が経ってから、不意にひとつの台詞がふわっと頭に浮かんできて、『あー、あの時の台詞の意味、今なら分かるなあ』とか、思うことがあったりして。
押し付けがましくなく、必要な時にそばに寄り添って、とんっと背中を押してくれる。
そんな不思議な力を秘めた物語を、愛しく思います。

今回の公演を終えると、劇団11は活動を休止致します。
寂しくはありますが、最後のお祭りを楽しんで頂けたら幸いです。
私も参加者の一人として、精一杯楽しみます。

皆様に劇場でお会いできることを、楽しみにしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆劇団11 #005 短編祭◆
『宴-始発待つ東京、ホームの内側-』
『紙風船』 (脚本:岸田 國士)
『僕とキミの自転車周遊記』
2017年9月2日(土)~3日(日)
於 SOOO dramatic!

◆劇団11 #006 『pianissimo』◆
2017年9月11日(月)公開!

◆短編祭のご予約はこちら◆
https://www.quartet-online.net/ticket/gekidan-eleven-005

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。