「劇団11」のオフィシャルブログです!
8月11日 情報公開いたしました

こんばんは、カニです。
いつもなら11:11に投稿するんですけど、
今日はちゃんとリアルタイムで書いたことをそのまま、
皆様のお手元にお届けしたいと思い、
今、ガチでこの文章を書いております。

物販については料金・収録作品等決定はしているのですが、
追ってお知らせさせていただきたいのです。
ちゃんと、全部整ってからお知らせしたいのです。
もうちょっとだけ、お待ち下さいね。

#006『pianissimo』
かつて劇団11、というかその前も、
中西が大学入学して以降発表してきた作品たちは、
全て英語タイトルでした。
何かにこだわっていたのかも今はもう思い出せないのですが、
今回、劇団11ラストに映像作品に挑戦ということで、
あえて昔のタイトルの付け方に戻してみました。

ここ最近、勿論仕方のないことというか、普通のことというか、
例えば舞台の出演や劇団11#005のお知らせをしても、
地方で、あるいは地元で働いているから観に行けません、
でも応援はしています、頑張って下さいってお声をいただくことが、
とてもとても多くなってきたんですね。

それは勿論、自分も周りも年を重ねたと同時に、
新しいスタートを切ったということは間違いない訳で。
そこを否定するつもりも全く無いですし、
応援してもらえる分応援し返してあげたいし、
こちらも頑張ろうと思っている訳です。

でも観に来られない、でも観たかったって言って下さる方々のために、
劇団11として何かできることはないだろうかと考えた時、
映像作品を世に出すことで、それを誰にでも見てもらえる環境におくことで、
その思いに少しでも応えられるのではないかと思いました。

『宴-始発待つ東京、ホームの内側-』はお仕事ドラマですから、
東京とか地方とか関係なく、そういうお仕事頑張ってる、
そういう方にこそ観ていただきたい作品ではあるので、
本当ならそれを観ていただきたい、公開したいという気持ちはあるのですが、
それでは短編祭に来ていただいたお客様に申し訳ないので、
新しく別の作品を作ってお送りすることとなりました。

なので本当にカツカツでギリギリのスケジュールの中、
小屋入りに撮影スケジュールを捻じ込んだために、
今回進行したりメンバーの皆様にご協力いただいたりしてまして、
ただ、お客様にお見せできないクオリティなんてことにはならないよう、
精一杯頑張りますので、何卒変わらぬご声援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

カニでした。そんな訳で明日から稽古再開です!頑張ります!


◆劇団11 #005 短編祭◆
『宴-始発待つ東京、ホームの内側-』
『紙風船』 (脚本:岸田 國士)
『僕とキミの自転車周遊記』
2017年9月2日(土)~3日(日)
於 SOOO dramatic!

◆劇団11 #006 『pianissimo』◆
2017年9月11日(月)公開!

◆短編祭のご予約はこちら◆
https://www.quartet-online.net/ticket/gekidan-eleven-005

スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術